治療と入院期間

病院

内視鏡を使った治療

鼠径ヘルニアの手術に力を入れるところは、メスを使った方法や内視鏡を使った手術の二つになります。最も新しいのは後者の内視鏡を使う手術でしょう。小さい穴をあけて行う方法なので、切開よりも傷が小さく、また痛みを最小限に抑えることができます。時間が経てば傷口が目立たなくなるので美容面でも心配はありません。

入院にかかる日数

内視鏡による手術の場合の入院期間はおよそ四日程度です。短期間で済むので、仕事を長く休む必要はありません。また、患者さんの要望通り、手術をする当日までに入院をし、そのまま手術をするというやり方もできます。日程については、担当医師とよく相談しましょう。

なりやすい人がいる

鼠径ヘルニアは特別びっくりする程の病ではなく結構頻繁に発症する人が多いポピュラーな病です。中でもなりやすい人を今回ランキングに記載したので見てみましょう。

新着情報

なりやすい人ランキング

no.1

力仕事をしている

重い荷物を運ぶ運送屋や、引っ越し業者はお腹に強い痛みが加わるため、その反動で腸が皮膚の下に出てしまうことがあります。対策としてはなるべく荷物を持たないことでしょうか。これだけでだいぶ違ってきます。

no.2

便秘の人は要注意

便を出すため、お腹にグッと力を込めるとお腹がそれに耐え切れなくなり、鼠径ヘルニアを引き起こすことになります。腸の機能を活発にする食べ物や運動をこまめに行い、対策をしなければ将来鼠径ヘルニアに悩まされることになるでしょう。

no.3

妊娠中の人

元々鼠径ヘルニアは男性に多い病ですが、お腹の中ですくすくと子供が育つとお腹が大きくなり腹圧の影響で鼠径ヘルニアを発症することがあります。加えて、便秘になるとリスクはさらに上がるため妊娠が発覚したころから規則正しい食生活にしなければなりません。

[PR]

鼠径ヘルニアの手術を希望
治療方法を丁寧に説明されている

免疫細胞療法の治療法を解説!
がん治療を検討しているなら必見!

[PR]

広告募集中